注目キーワード
  1. 方言
  2. 方言ギャラリー

「海霧(ガス)」の意味【使い方・会話文】北海道で使われる言葉

意味

  • 海上に発生した霧
  • 濃い霧(濃霧)
  • 北海道地方に夏季に発生する濃い海霧

 

使い方・会話文(共通語訳)

  • 今日、なまらガスかかってるね。
    (今日はすごいガスがかかっているね。)

 

  • 車で走ってたらガスかかって
    なんも見えなくておっかなかったわ。

    (車を運転していたらガスがかかっていて
    なんにも見えなくて(なんにも見えないほど視界が悪くて)怖かったよ。)

 

意味・使い方の補足

霧が多く発生する北海道東部(道東)では、

海霧をガスの他に「じり」という言葉を使います。

 

霧とガスは水滴がない状態で

傘をささずにいると「しっとり」しますが、

じりは傘をささないと「しっかり」濡れます。

 

水滴の大きさ

霧<ガス<じり<霧雨

 

備考

北海道東部(道東)の太平洋沿岸では

6〜8月にかけて霧が多く発生します。

 

道東は夏になると、太平洋高気圧の影響で南風が吹きます。

 

この南風は、暖流である黒潮上空を通過する際に

暖められて「暖かく湿った空気」になり、

その空気が寒流である親潮上空を通過する際に徐々に冷やされます。

 

空気が急激に冷やされると、

空気中の水蒸気は水滴となり霧が発生します。

 

海上で発生した霧は南風に運ばれて、

道東の太平洋岸に濃い霧を発生させるのです。

 

 

北海道釧路市(くしろし)出身の作家である原田康子さんは

海霧(うみぎり)」で吉川英治文学賞を受賞しています。

 

また「挽歌(ばんか)」では、戦後の釧路市を舞台に、

障害を抱える主人公の不倫の愛が描かれています。

北海道の霧の街に生いたち、ロマンにあこがれる兵藤怜子は、知り合った中年建築家桂木の落着きと、かすかな陰影に好奇心を抱く。…

 

 

道東出身の管理人は20歳の時に「挽歌」を読みました。

読んだ当時は「釧路の街の自然や風土が生んだ物語なのだろうな」と思いました。

 

2014年に改めて「挽歌」を購入した際、

本の帯に釧路市出身の桜木紫乃さんの推薦文が付いていました。

 

帯には「生まれた街の景色を変えた一冊」と書かれていました。


関連記事

北海道の方言

あ行 あ あおたん あきあじ あずましい あずましくない あたい あたる あっぱくさい あっぺ・あっぺこっぺ あてがう あます あやつける あめる ありがたくなる […]

北海道の方言

意味 怖い おそろしい   使い方・会話文(共通語訳) 夜道をひとりで歩くのおっかないよね。 (夜道をひとりで歩くのは怖いよね。)   おっかいねー。 (怖いねー[…]

北海道の方言

意味 北海道地方に夏季に発生する濃い海霧   使い方・会話文(共通語訳) じり降ってるわ。 (じりが降っているよ。)   今日はなまらじりってるよ。 (今日はとても濃い[…]

北海道の方言

意味 どういたしまして (ちっとも、全然)たいしたことない (ちっとも、全然)どうってことない 気にしないで   使い方・会話文(共通語訳) 「手伝ってくれてありがとう。」 (「[…]

最新情報をチェックしよう!
>「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

当サイトでは【方言ギャラリー】や【方言発見マップ】に掲載する「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています。方言看板・ポスター・交通標識・方言グッズ・方言みやげ・方言ネーミング・店名などの画像をお持ちの方のご連絡をお待ちしています。

CTR IMG