注目キーワード
  1. 方言
  2. 方言ギャラリー

「ぶすいろ」の意味【使い方・会話文】北海道の方言

意味

  • 転んだりぶつけてできた痣(あざ)の色(青紫色)

 

使い方・会話文(共通語訳)

  • たんすの角(かど)さ足ぶつけてぶすいろになったわ。
    (たんすの角に足をぶつけて皮ふが青紫色になったよ。)

 

備考

「ぶす」は漢字で「附子」と書き、

トリカブト(学名:Aconitum)の根を意味する。

 

根を乾燥させたものは漢方薬や毒になり、

毒として用いる時「附子(ぶす)」と呼ばれる。

 

トリカブトはキンポウゲ属トリカブト属の総称で

花は青紫色をしている。

 

参考文献

  • 和田宏(1998)『図解 猛毒植物マニュアル −トリカブト、ハシリドコロからケシ、猛毒キノコまで』同文書院.

 

関連記事

北海道の方言

あ行 あ あおたん あきあじ あずましい あずましくない あたい あたる あっぱくさい あっぺ・あっぺこっぺ あてがう あます あやつける あめる ありがたくなる […]

北海道の方言

意味 青あざ   使い方・会話文(共通語訳) 足ぶつけてあおたんできた。 (足をぶつけて青あざができた。)   意味・使い方の補足 あおたんができた肌の色(青紫色)を「ぶすいろ[…]

最新情報をチェックしよう!
>「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

当サイトでは【方言ギャラリー】や【方言発見マップ】に掲載する「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています。方言看板・ポスター・交通標識・方言グッズ・方言みやげ・方言ネーミング・店名などの画像をお持ちの方のご連絡をお待ちしています。

CTR IMG