「あおたん」の意味【使い方・会話文】北海道の方言

意味

  • 青あざ

 

 

使い方・会話文(共通語訳)

  • 足ぶつけてあおたんできた。
    (足をぶつけて青あざができた。)

 

 

意味・使い方の補足

あおたんができた肌の色(青紫色)を「ぶすいろ」と言う。

 

 

備考

花札の青短*(あおたん)とは意味が異なる。

* 牡丹(ぼたん)・菊・紅葉(もみじ)の短冊のこと

 

 

やっとかめ

2020/01/01

宮城県(仙台弁):「黒血よる」

鹿児島県(鹿児島弁):「つくろじん」

と言うようです。

 

やっとかめ

2020/01/01

今のところ「あおたん」は、北海道、青森県、秋田県、福島県、東京都、大阪府の方から「使っている」とコメントをいただいています。

また、私の友人:千葉県「青なじみ」、愛知県「あおぢ」、石川県(高齢)「青しに」と言っているのを聞いたことがあります。

 

 

方言の使用度・認知度

 

 

関連記事

北海道の方言

あ行 あ あおたん あきあじ あずましい あずましくない あたい あたる あっぱくさい あっぺ・あっぺこっぺ あてがう あます あやつける あめる ありがたくなる […]

北海道の方言

意味 転んだりぶつけてできた痣(あざ)の色(青紫色)     使い方・会話文(共通語訳) たんすの角(かど)さ足ぶつけてぶすいろになったわ。 (たんすの角に足をぶつけて皮ふが青紫色[…]

鹿児島県の方言

意味 (打ち身の後に残る)青あざ     使い方・会話文(共通語訳) 昨日打ったとこがふとかぁつぐろじんになった。 (昨日打った所が大きな青あざになった。)   […]

 

>「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

当サイトでは【方言ギャラリー】や【方言発見マップ】に掲載する「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています。方言看板・ポスター・交通標識・方言グッズ・方言みやげ・方言ネーミング・店名などの画像をお持ちの方のご連絡をお待ちしています。

CTR IMG