注目キーワード
  1. 方言
  2. 方言ギャラリー

「むっつい」の意味【使い方・会話文】青森県の方言

意味

  • (水分の少ない物などを食べて)喉の通りが悪い
  • (食べることで)口の中の水分が奪われる状態

 

使い方・会話文(共通語訳)

  • (カステラを食べた時)これむっついなー。
    (これ口の中パサパサになる。)

 

  • (パンを食べて)むっついはんでお茶け〜。
    (喉の通りが悪いからお茶ちょうだい〜。)

 

  • バームクーヘンむっつくて好ぎでね。
    (バームクーヘンは口内の水分持って行かれるから好きじゃない。)

 

  • むっついはんで飲むものけ。
    (口内の水分がなくなるから飲むものちょうだい。)

 

意味・使い方の補足

パンやカステラなど、

口の水分が持っていかれるものを食べた時に

「むっつい」という言葉は使われる。

 

口の中の水分がなくなり、

パサパサになってお茶が欲しくなる感覚。

 

備考

「むっつい」は津軽弁特有だが、

標準語にするのが1番難しい言葉である。

表せても多少のニュアンスの違いがある。

 

津軽の人に「むっついという言葉を標準語で表わせ」というと大半が

「むっついはむっついとしか言えない」と言う。

 

方言の使用度・認知度

 

 

ライター:まーちー(青森県五所川原市在住)

*管理人が一部追記

 

関連記事

青森県の方言

あ行 あ あぐど あぐばって あげた あさぐ あっぱ あべ あめる   い いがいが いだましい いっとまが   う うしろこんど うだで […]

最新情報をチェックしよう!
>「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています

当サイトでは【方言ギャラリー】や【方言発見マップ】に掲載する「日本国内の身のまわりにある方言」の画像を集めています。方言看板・ポスター・交通標識・方言グッズ・方言みやげ・方言ネーミング・店名などの画像をお持ちの方のご連絡をお待ちしています。

CTR IMG